ダイエットと言えば最初に行うことは、食事の管理と運動です。そうは言っても過酷な食事制限やハードな運動は、とても無理・・・

そんな悩みを持っている方におすすめなのが、ウォーキングダイエットです。スニーカーさえあればいつでも何処でも気軽に始められます。そこで今回は、ウォーキングダイエットについてまとめて見ました。

 

スポンサーリンク

 

ウォーキングダイエット効果とデメリット

ウォーキング ダイエット運動は、有酸素運動と言われる運動です。
有酸素運動は、体内に酸素取り入れ「糖」と「脂肪」をエネルギーとして使い「体脂肪」を燃焼させる効果があります。

そのおかげで脂肪を減少させダイエット運動には、とても効果的です。

デメリットは、ウォーキングダイエットは、他の有酸素運動に比べ消費量が小さいと言った点ですのため長期の計画で継続が最も大切となります。

ウォーキングダイエットによる消費量

普段、歩くペースは、人それぞれですが運動としてウォーキングダイエットを取り入れるのであれば歩くスピードは意識して一定のリズムで歩きましょう。

ここでは例として、ウォーキングによる「消費カロリー」は次の通りです。


分速80m(時速4.8K)

体重:50K

歩く時間:30分

歩いた距離: 2.400m

消費カロリー:92kal

如何ですか?30分歩いて約90Kalです。

1時間歩くと約180Kal

歩くスピードによって数値は、変わってきます。


1時間のウォーキングでオニギリで言うと約1個分の計算となります。ダイエットを兼ねてウォーキングを始める方は、食事の見直しもかねて始めるとダイエット効果も早く期待出来ます。

ウォーキングを開始したては、無理のないペースから始め持久力がついて来ると徐々に歩くスピードとキョリを変えて行くのも良いでしょう。

ウォーキングダイエットの正しい歩き方

ウォーキングダイエットを行う場合は、普通に歩くのと違い、歩く姿勢を最も意識して歩かなければ行けません。

注意点は、歩く姿勢が悪いと関節や筋肉に負担が掛かります。

 

スポンサーリンク

 

歩き方のポイント

1.背筋を伸ばしましょう

2.視線はまっすぐ前を見る。

3.アゴは、軽く引いた状態。

4胸を張って、背筋を伸ばしましょう。

 

・ダイエットに効果がある脂肪燃焼には!この運動4種目

 

歩くコースも重要

ウォーキングのコースも継続させる大切な手段の一つです。歩くと言っても、せっかく歩くなら綺麗なロケーションが良いですよね!

初めは、自宅周辺で交通量の少ない所を選びましょう。歩道の設備が整ったコースなら尚良いですよね。

その日の気分よって、コースを変えて見るのも楽しくなる秘訣です。地図帳やスマホの地図アプリでコースの位置付けも良いと思います。

歩くキョリや時間が長くなってくると、さらに良いロケーションが見つかることもあるのでそも楽しみの一つではないでしょうか?

ウォーキングダイエット まとめ

ウォーキングダイエットは、続ければ続けるほど効果が徐々に出ます。

健康面を維持する上でも是非、積極的に取り組んで行きましょう。

 

スポンサーリンク